このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

戦闘

戦闘開始

  • 敵シンボルと接触すると戦闘開始。
    • 背後から接触すると確実に先手を取れる。
      接触時にダッシュしていると敵に先手を取られる。優先度が高いのは前者になる。
  • 戦闘開始時、ヒビのような演出が入った場合はレアトループ(敵編成)出現の合図。
    • 色違い夢魔(亜種)が参加する、もしくは夢魔が一定数以上出現するのがレアトループと考えて良い。
      経験値が多く得られるが、EPとVPが強化されていることがあるので要注意。
    • レアトループ扱いになる編成は編成ごとに定められている。
      レアトループとみなされる例:「プリーステス×2」「ゴブリン×5」「リリム×4」、色違い夢魔が含まれる編成など

ムード

  • キスをする、服を脱ぐ、トークする、クライシス状態になるなどで上昇していく。
    • ムードが30以上の場合、キスに限りムード上昇量が激減する。
  • 敵のレジストに抵抗すると基本的に減少する。(敵の性格によってはそのまま、または上昇することもある)
  • これが高いほど敵味方ともに受ける快感が増える。
  • 一部のスキルの使用条件に含まれる。

交代

  • 仲間の夢魔は戦闘中でもターンを消費して交代できる。主人公は交代できない。
  • 交代のコマンドは夢魔の順番で選択するので、夢魔が行動できない状態だと交代もできない。
    また、交代は行動順が巡ってきた時に行われるので、素早さが遅いとホールドなどでキャンセルされる危険性がある。
  • 交代の画面では、味方全員のステータスやスキルを確認することが可能。
    ステータス強化・弱体化の影響も反映されている。

追撃

快感を与えるスキルを使用すると時折2回目の行動が発生する。
2回目に与えられる快感は1発目よりも少し小さくなるが、連続攻撃は魅力的。
追加効果があるスキルではチャンスが倍増することになるのも利点。
また、追撃ではVPを消費しない。
ちなみに畏怖状態だと追撃が失敗することがある。

Sensual Stroke

  • 訳すると「官能的な一撃」。他のRPGでいうところのクリティカルヒットや必殺の一撃にあたる。
  • 与えられる快感が大きくなり、直後の追撃の発生率が上昇。ムードもわずかに上がる。
  • 攻撃側の器用さが高く、防御側の素早さが低いほど発生率が高くなる。
    「チェック」した相手に対しても発生率が上がる。
  • 装備品の説明などでは「SS」と略されることもある。

レジスト

  • レジスト難易度は戦闘中のステータスやムードなどで上下する。
  • ムードによる難易度の上下幅は性格にかなり依存している模様。(要検証)
  • レジストの制限時間はシステムページで任意の長さを選べる。
  • レジスト中にキャンセルキーを押すことで即座に失敗することができる。
  • レジストの入力が間に合わなかったときは「failure...」、キャンセルキーを押したときは「Acceptance!」となり効果は同じだがセリフが変化する。
    • 失敗と受け入れでは効果が変わる敵がいる。
  • 同じ行動に対してレジストを繰り返し成功させていると、どんどん難易度が上がっていく。

トーク

夢魔に話しかける主人公の専用スキル。口を使用する。
使用するとムードが上がり、相手が主人公に何かしらの要求をしてくることが多い。
要求は基本的に何かしらこちらが不利になるもので、レジストに成功すればキャンセル可能。
要求を受け入れると、戦闘終了後に契約を申し出てくる可能性が高くなっていく。
大体の目安はトークをした時などに表示されるハートマークの大きさで判断可能。
要求をキャンセルするとムードが下がるが、連続で要求される場合は一度でも受け入れればムードが下がることはない。

ホールドなどで相手の口がふさがれているとそもそも対象に選択できない。
また、一部の状態異常やクライシス状態になっていると無効になる。
トークは4回目以降は聞いてくれなくなるが、インサート中のみその制限がなくなる。
聞いてくれなくてもその時用の口上はあるので、興味があるなら試してみよう。

要求受け入れた場合備考
夢魔が服を脱ぐのを見届けさせる夢魔が全裸になる
主人公に脱衣を要求する主人公が全裸になる
主人公の精を要求するVPを大幅に吸収される
主人公に攻めを受け入れさせる快感を受ける連続で何度か要求される
自慰を視姦させる主人公に欲情、散漫、恍惚の順で状態異常が発生する連続で何度か要求される
主人公に自分を攻めさせる主人公に欲情、散漫、暴走の順で状態異常が発生する連続で何度か要求される
インサート時、主人公に攻めを受け入れさせる快感を受ける連続で何度か要求される

ホールド

  • 全般
    • ホールドの状態は「↑」または「↓」キーで確認することができる。
    • ホールドされたキャラクターはそのターンの行動がキャンセルされる。
    • ホールドにはDefense、Attack Lv1、Attack Lv2、Attack LvMAXの4種類があり、それぞれ左から右になるにつれ攻撃力が上昇する。
    • ホールドの初期状態はホールドをした側がAttack Lv2、された側がDefenseとなる。
    • ホールドを上書きした場合はそれまでの攻守のレベルと無関係にホールドをした側がAttack Lv2、された側がDefenseとなる。
    • ホールドのLvはSensual Stroke(クリティカル)で加減する。
    • ホールド中は服を脱がせることができない。
    • ホールド中は自分で服を脱ぐことができない。
    • ホールド中はアイテムと魔法を使用できない。焦燥と専心も使用できなくなる。
    • ホールド中は逃走することができない。
    • ホールド中に絶頂するとVPの減少が大きくなる。
    • 絶頂するとホールドは解除される。ただしAttack LvMAXで絶頂させた場合のみホールド状態が継続される。
    • ホールド状態ではホールド技を使用することができない。ただしホールド状態からさらにホールド技をされることはできる。
    • ホールド状態ではその状態専用のスキルが追加される。大半のスキルの威力は精力が影響する。
      追加スキルは使用時に名称が表示されないことが多いが、VPの減少でスキル使用がわかる。
    • 「リリース」はホールド状態のキャラクター自身が行える。
    • 「インタラプト」は味方がホールド状態で自身がホールドしていない状態で行える。
    • 「もがく」は敵専用の追加スキルで、ホールドのLvを自分有利に一段階傾ける効果がある。
  • インサート(挿入)
    • お互いに裸でないと使用できない。
    • スウィング系以外のアソコへの攻撃を受けない。シェルマッチも不可になる。
    • 男性から仕掛ける場合が「インサート」で女性側からの場合は「アクセプト」。
    • 追加スキルは男性側が「スウィング」と「ヘヴィスウィング」。装備品「ストーンスキン」で強化可能。
      女性側は腰を振るスキル(「スウィング」?)と締めるスキル(「スクイーズ」?)がある模様。
    • 快感を与えると同時にVPを吸収する「エナジードレイン」は敵側の追加スキルである模様。
  • シェルマッチ(貝合わせ)
    • お互いに裸でないと使用できない。対象は女性のみ。
    • スクラッチ以外のアソコへの攻撃と尻への攻撃を受けない。インサートも不可になる。
    • 追加スキルは双方ともに「スクラッチ」。装備品「上弦の月」で強化できるのが特徴。
    • Attack側が与える快感量が多いが、Defense側から与えてくる快感量も多め。
  • エキサイトビュー(顔面騎乗位)
    • 服を着ていても使用できる。
    • Attack側はアソコへの攻撃を受けない。インサートとシェルマッチも不可になる。
    • Defense側は口を使用する技を使用できない。トークの対象にもならない。
    • Attack側へ別のホールド技をすると攻守が逆転する関係でエキサイトビューは解除される。
    • 追加スキルはAttack側が「ライディング」、Defense側が「リック」。「リック」で与える快感量は器用さに依存する。
    • Attack側、Defense側共に与える快感量は低め。ただしAttack側の「ライディング」はDefense側を稀に「欲情」状態にする。
    • エキサイトビューは攻守が逆転すると解除される。
  • ドロウネクター
    • 相手が裸でないと使用できない。対象は女性のみ。
    • Attack側は口を使用する技を使用できない。
    • Defense側はアソコへの攻撃を受けない。インサートとシェルマッチも不可になる。
    • 追加スキルはAttack側が「サック」、Defense側が「プッシング」。
    • Attack側が与える快感量は多く、Defense側が与える快感量は低め。ただしDefense側の「プッシング」はAttack側を稀に「欲情」状態にする。
    • ドロウネクターは攻守が逆転すると解除される。
  • エンブレイス(背中から抱きつく)
    • 服を着ていても使用できる。
    • 両者ともにキッスと手を使用する技を封じる。
    • Attack側へ別のホールド技をすると攻守が逆転する関係でエンブレイスは解除される。
    • 追加スキルはAttack側が「ミスチーフ」、Defense側が「リアカレス」。いずれも与える快感量は器用さに依存する。
    • Attack側、Defense側共に与える快感量は低め。ただし他のホールドスキルと比べSensual Strokeを出す確率が高い。
    • エンブレイスは攻守が逆転すると解除される。
  • オーラルインサート
    • 相手が裸でないと使用できない。対象は男性のみ。
    • Attack側は口を使用する技を使用できない。
    • 追加スキルはAttack側が名称不明、Defense側が「オーラルピストン」。
    • 敵専用で、仕掛ける際のスキル名は「オーラルアクセプト」。
  • ペリスコープ(紅葉合わせ)
    • お互いに裸でないと使用できない。対象は男性のみ。
    • 追加スキルはAttack側が名称不明、Defense側が「ラビングピストン」。
    • (ある程度胸がある)敵専用。
  • ディルドインサート
    • お互いに裸でないと使用できない。対象は女性のみ。
    • 基本的な性質はインサートと同じ。
    • 追加スキルはAttack側が「ディルドスウィング」、Defense側は存在しない。
    • ファミリア亜種専用。
  • ディルドインマウス
    • 自分が裸でないと使用できない。
    • Defense側は口を使用する技を使用できない。
    • 追加スキルはAttack側が「オーラルディルド」、Defense側は存在しない。
    • ファミリア亜種専用。
  • バックインサート
    • お互いに裸でないと使用できない。対象は男性のみと思われる。
    • Attack側はアソコへの攻撃を受けない。インサートとシェルマッチも不可になる。
    • 追加スキルはAttack側が名称不明(「ディルドスウィング」?)、Defense側は存在しない。
      ※Ver1.14では「スクイーズ」が表示されはするが、条件が合わずに使用できない。
    • 敵のファミリア亜種専用で、仕掛ける際のスキル名は「ディルドインバック」。
  • デモンズドロウ
    • 相手が裸でないと使用できない。対象は女性のみ。
    • 追加スキルはAttack側が「デモンズサック」、Defense側は存在しない。
    • ユーガノット専用。ホールド状態でも使用できる。
  • デモンズアブソーブ
    • 相手が裸でないと使用できない。対象は男性のみ。
    • 追加スキルはAttack側が名称不明、Defense側は存在しない。
    • 敵のユーガノット専用で、仕掛ける際のスキル名は同じ。

状態異常

  • 恍惚
    • チャームなどで起こる。
    • 行動できない。命令もできない。トークにも耳を貸さない。
    • 攻撃(快感)を受けると必ず治るが、服を脱がされる・各種ホールドでは治らない。
      行動順が回っていない敵が快感を受けて解除された場合、普通に行動してくるので注意。
    • 守りのレジストの矢印が増え難化する。
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 欲情
    • ラストなどで起こる。
    • 被追撃率が上昇する。
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 暴走
    • フィルス、本能の呼び覚ましなどで起こる。
    • 積極的な攻撃スキルのみ(魔法は使用できない)を自動的に行う。命令ができない。
    • トークに耳を貸さない。
    • 快感を受けると低確率で治ることがある。
    • 攻撃力が増加。ただし、失敗して快感を与えられないこともある。
    • 愛撫も含め全ての攻撃が器用さではなく精力に依存される。
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 虚脱
    • レザラジィなどで起こる。
    • ウェイト以外の全ての行動時に最大VPの3%分のVPを追加で消費するようになる。
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 畏怖
    • テラーなどで起こる。
    • 命令はできるが、確率で行動できないことがある。
    • ムードによる被ダメージ上昇補正が無効になる。(状況によっては有利になる可能性もある)
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 麻痺
    • パラライズなどで起こる。
    • 行動が一番最後になる。
    • 守りのレジストの矢印が増え難化する。
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 散漫
    • ルーズなどで起こる。
    • 魔法・トークが使用できなくなる。
    • そのターンを含め5ターン継続。
  • 淫毒
    • 一部のキャラの体液に触れた場合に起きる。(キッス、シェルマッチ、インサートなど)
    • 淫毒発生時及びターン開始時に、敏感になるか上記の状態異常をランダムで発生させる
    • 発生する状態は、相手の耐性および無効設定が考慮される( 暴走、恍惚に関しては発生を確認できていない )
    • ターン経過で回復時には、欲情の状態異常へ変化する。
    • 5ターン継続。

上記8種は、状態異常耐性を持つ装備やアビリティ(素質)で発生確率を低減できる。
耐性系のアビリティは発生確率を1/4にまで下げる。完全に防ぎたい場合は装備品を併用しよう。

状態変化

  • 全裸
    • 服を脱ぐと起こる。
    • 服を脱いだ画像になる。
    • 各種技の使用条件やダメージ設定に大きく関わる。
    • 基本的に被ダメージが増加し、魅力が微増する。(魅力が105%、忍耐力が90%になる)
    • スライム以外は戦闘中に服を着る手段は無い。
  • 衰弱(主人公)/絶頂(夢魔)
    • EPが0になり絶頂すると起こる。
    • 一切の行動ができない。ただしレジストは可能。
    • 守りのレジストの矢印が増え難化する。
    • 攻撃を受けるとVPが減少する。
    • VPが0になると失神する。ロウラットの場合はゲームオーバー、味方の夢魔の場合は2番目に強制的に交代する。
    • 次のターン終了時まで継続。
      回復すると仲間の場合はEPが全回復、敵の場合は最大値の半分まで回復する。
  • ディレイ
    • ヒップの攻撃などで起こる。
    • 次のターンの行動が一番最後になる。
    • 1ターンで終了する。
  • クライシス
    • EPが25%以下になると起こる。26%以上になると解除される。
      • 一部の敵専用スキル(陰核へのアクション)には一定確率でクライシスを付加する効果がある。
    • 表情が変化し、魅力が微増する。(現在値の105%になる)
    • 守りのレジストの矢印が増え難化する。
  • 高揚
    • 与える快感が大きく上昇する。
    • 受ける快感が若干上昇する。
    • 5ターン継続。
    • このAbilityを持つ者は 控えに交代→交代し再び戦闘に参加 とすると再び高揚状態になれる。
  • 沈着
    • 受ける快感が大きく減少する。
    • 与える快感が若干減少する。
    • 5ターン継続。
    • このAbilityを持つ者は 控えに交代→交代し再び戦闘に参加 とすると再び沈着状態になれる。
  • 拘束
    • 一切の行動が出来ない。ただしレジストは可能。
    • これを付与するスキルの成功率は低いが、回復・回避する方法はない。
    • 2ターン継続。
  • 焦燥
    • 精力と素早さが上がるが、器用さと精神力が低下する。
    • 他者に付与されるのではなく、同名のスキルを使用することで自らなる状態変化。
    • リフレッシュでは解除できない。対となる「専心」を使うことで上書きできる。
    • この状態になった際に「畏怖」を解除する効果がある。8ターン継続。
  • 専心
    • 器用さと精神力が上がるが、精力と素早さが低下する。
    • 上下するパラメータは正反対だが、基本的な性質は対となる「焦燥」と同じ。
    • この状態になった際に「散漫」を解除する効果がある。8ターン継続。
  • 魔法陣
    • 効果時間中は魔法スキルをVP消費無しで使用可能になる。
    • ウィッチ系のスキル「セットサークル」で自らなる状態変化。
    • 虚脱になっている場合、増加分のVPは消費する。
    • 3ターン継続。
  • 挑発
    • 敵のスキルの対象を強制的に自分へと引き付ける。ただし、全体が対象のスキルには影響がない。
      また、自分が状態異常だと効果が発揮されない。
    • スキル「アピール」か「プロヴォーク」で自らなる状態変化。
      使用したスキルによって継続時間は異なる。
  • 祝福
    • スキル「祝福の口づけ」で味方に付与される状態変化。状態異常耐性が上昇する。
    • そのターンを含め3ターン継続。
  • スタン
    • 特定のスキルの追加効果で、発生するとそのターンの行動がキャンセルされる。
      発生した際に快感を与えられないスキルが多い。
  • 不幸
    • 獲得EXPが1.5倍になる。ワーキャット亜種のアンラッキーロアで付与できる。
      ステータスに表示されない。
    • 一部エネミーのスキル追加やスキル使用率の変化が発生する。地味に危険な状態。
      • レベルドレインの条件の一つ。
    • 継続時間は特殊で、一定歩数歩くまで解除されない。

状態変化に関しては、状態異常耐性などの装備では確率を低減できない。
また、リフレッシュによる解除もできない。

ステータス強化・弱体化

  • スキルや魔法スキルによるステータスの変化は強化・弱体化ともに二段階まである。
    • 例:弱体化を2回受けた後に強化を1回受けると、弱体化の第一段階になる。
  • 効果はその戦闘中永続で、交代しても持続する。
  • ストレリイーザは魅力以外のステータスを1段階下げる。
    2回かけても「更に弱体化させた」とは表示されないが、効果は発揮されている模様。
  • 忍耐力のみ変動の幅が少ない。戦闘突入時のステータス値が基準となる。
  • 後述の場効果を除き「リフレッシュ」によってリセットされる。弱体化はもちろんだが、強化も戻ってしまう点に注意。
    弱体化のみ解除したい場合は「イーザカール」を使うこと。
ステータス弱体化基準値強化対応スキル
-2-1012
魅力100%150%200%ラナンブルム、魔性の口づけなど
忍耐力70%85%100%120%140%ネリネブルム、ネリネイーザなど
精力50%75%100%150%200%エルダブルム、エルダイーザ、ハウリングなど
器用さ50%75%100%150%200%サフラブルム、サフライーザ、手ほどきなど
素早さ50%75%100%150%200%コリオブルム、コリオイーザなど
精神力50%75%100%150%200%アスタブルム、アスタイーザなど
  • 場効果による強化はそれぞれ異なる性質を持つ。
    場効果をリセットする魔法「ウォッシュフルード」は敵味方両方の場効果を消し去る。
    • レッドカーペット
      交代した夢魔の魅力と素早さを一段階強化する場効果。
      本スキルの持続時間は5ターンだが、これは切れるまでに交代しないと強化が発生しなくなるだけで、強化されればそれが消えることはない。
    • スイートアロマ
      5ターンの間、味方全員の魅力を2倍にする場効果。
      他スキルによる強化をさらに押し上げるので、使い勝手は良い。
    • パッションビート
      5ターンの間、味方全員の素早さと精力を基準値の3.6倍に固定する場効果。
      弱体化していてもお構いなしなのだが、効果が切れると一切の強化が無くなるというデメリットを持つ。
      他のステータスの強化も無効化されてしまううえ、弱体化は継続するという仕様になっている。

逃走

  • このゲームの逃走は選択したキャラの行動時に実行される。先制攻撃しても失敗することがあるので注意。
    素早さが敵より低い場合、行動の前に攻撃・拘束されてしまうこともある。
  • 一人が成功すれば、例えもう一人が拘束されていても逃げられる。
    逃げても特にデメリットはない。
    • 逃走に成功すると、その敵シンボルが少しの間だけ半透明になる。
      その間は敵シンボルは動かず、向きも変化しない。
      ただし、こちらから触れた場合は半透明になっていても戦闘になるので注意。
    • 逃走に失敗すると、敵とその性格に応じてムードが上下する。

敗北

  • 主人公のVPが0になると敗北。強制的にホームの自宅へ戻される。
    仲間が無事でも敗北になるので要注意。
  • ボス戦の場合、敗北した時にしか聞けない台詞があることも。

戦闘終了

  • 戦闘に勝利すると経験値とお金を獲得。運が良ければアイテムが手に入ることもある。
    • 経験値に関しては次項を参照。
    • 装備品「錬金術の碑輪」とアビリティ【金運】は取得金額を増やす効果がある。
      増額分はおおよそ本来の金額×(碑輪の装備人数+金運の習得人数)×0.33倍となる。
    • アイテムの取得率は1~10%と低めに設定されている。
      集める場合はアビリティ【蒐集】と装備品「幸運石」を複数に装備させたい。
  • 戦闘終了時に状態異常や状態変化の大半が解除される。
    ※歩数で解除される不幸やスライムの粘液による移動阻害は例外。
  • アビリティ「EPヒーリング」がある場合、EPが100×(アビリティ習得人数)だけ回復する。
    • 装備品「安らかなるレム」も同じ効果がある。
  • アビリティ「VPヒーリング」がある場合、VPが30×(アビリティ習得人数)だけ回復する。
  • また、倒した夢魔が契約を申し出てくることもある。確率を上げる方法についてはFAQを参照。
    契約した場合、パーティの枠が埋まっている場合は自動的に拠点へ行って待機してくれる。

獲得経験値

  • 製品版からは戦闘に出たメンバーも控えのメンバーも100%経験値が入る。
    ただし、気絶しているメンバーには経験値が入らない。
  • 拠点にいる仲間には経験値が入らない。
  • 敵が2体いる場合は基礎値に1.2倍、敵が3体いる場合は1.4倍の補正が入る。
    • 以降、敵が1体増えるごとに補正が0.2ずつ増えていく。
  • OFEやレアトループの場合は1.5倍の補正が入る。ボス戦は不明。
  • スキル「アンラッキーロア」による状態異常「不幸」の効果中は1.5倍の補正が入る。
    ここまでは戦闘終了後の獲得経験値に直接反映されている。
  • 敵の最大LvよりこちらのLvが5以上低い者は「xxは多めに経験値を貰った!」と表示され、さらに補正が入る。
    • レベル差5で1.2倍、さらにレベル差が1広がるごとに補正が0.2ずつ増えていく。
  • 装備品「強き者の指輪」の装備者には1.5倍の補正が入る。
  • それぞれの補正は乗算になるので、補正を重ねれば獲得経験値は跳ね上がる。
    ただし、リスクがある条件も多いのでご利用は計画的に。

豆知識

  • 多くの敵は2ターン目までは「服を脱がす」などの積極的な行動をとらない
    • 無駄行動をとることも多いが、魔法を使う敵の場合はこのタイミングに集中して唱える傾向がある。
  • 敵によって使用する状態異常がある程度決まっている。
    • サキュバス系は「恍惚」が得意。「手ほどき」でこちらの強化をしてくれることもある。
    • デビル系は「畏怖」をかけることが多く、また素早さを低下させてからスパンクなどの「気を散らされる」行動で思うように行動できなくなることも多い。
    • ウィッチ系は「麻痺」を仕掛けてくることがある。
    • ナイトメアは「畏怖」「麻痺」「散漫」と状態異常の鬼。
    • マタンゴが使う各種異常は胞子を介するため、【免疫力】で防げる。
  • 敵として出現する夢魔は仲間になった時よりEPとVPが低下している。
    • 使用するスキルは同レベルで習得しているもの(珠で習得するものは使用しない?)とそれぞれに設定された敵専用スキルとなる。
    • 一部の夢魔は2回目の行動に発動可能なスキルが設定されている
      • 確率はスキルごとに異なりムード依存・レベル依存・固定の確率のものが存在する。
      • ホールド状態を自分有利に傾ける「もがく」はレベル依存の確率で2回目にも発動可能。
        ボスは最優先で使用するよう設定されている。ボスがあっという間にホールドから抜けてしまうのはこれが原因。
    • OFEやレアトループの一部、ユニークサキュバスはEPとVPが仲間になった時以上に強化されている。
      特殊な状態異常耐性がついていることもあるが、こちらはチェックで確認できる。
    • 敵が使う「胸を押し付ける」攻撃は胸が小さいとスタン、大きいと恍惚を付与される模様。
  • 状態異常になった夢魔を控えに回すと、状態異常1つが解除される。解除されないこともある。
    その際に解除されなかった状態異常は控えにいる間はターン経過で解除されない。
  • ベッド戦ではEPの減りが半減するが、スキルによる回復量も半減してしまう。ただし、アイテムは影響を受けない。
  • OFEやイベント戦闘の敵は以下の条件いずれかを満たすと、レベルドレインなどの普段使用しないスキルを使ってくる。
    そうなっても特に宣言などはなく、分かりにくいので気をつけよう。
    • 弱体化や強化で相手全員と味方全員の強化度に大きな差がつく。
    • ブルムカールやイーザカール、拘束や自分の身体以外でホールドするスキルを使用しすぎる。
    • 不幸状態である。

コメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 不幸状態では獲得EXPが1.5倍です デメリットはよく分からないけど -- 2016-08-19 (金) 22:00:02
    • 幸運の石がアイテム獲得率UPだから、反対の不幸は獲得率downかなぁ。検証は難しそうだが。 -- 2016-08-20 (土) 13:14:54
  • 淫毒と、拘束追加。ゲーム中詳細説明無い気がするので、誰か検証した人修正お願い。空腹は戦闘中の効果が不明なので書かない事にした。状態異常耐性は、アンジュ近くの人形のメッセージより。 -- 2016-08-24 (水) 09:37:20
  • 敵が明らかに追撃以外で二回行動する時があるけどこれは仕様かな?発生条件が分からないけど。 -- 2016-08-28 (日) 09:58:38
  • このゲームのダメージ計算式ってどうなっとるんじゃろ。バフデバフかけても目に見えて効果があるように思えないし。 -- 2016-08-28 (日) 14:01:36
  • 先行ホールドによる行動キャンセルが出来るとか、ターン開始時恍惚している相手を先攻で殴った場合相手は普通に行動してくるけど自分はコマンド入力の関係上無理とか、結構重要だけど分かりにくい仕様が多いよね あとバフデバフって永続なの?仲間の場合引っ込めても効果が続くの?とかいまいちわからない バフに関してはムードとかでもダメージが上下する以上、経験と感覚でつかむのはキツイ 検証とかは、まだ完全クリアしてないので勘弁な -- 2016-08-30 (火) 00:04:31
  • 破面って状態一体何の効果なんでしょうかね。 -- 2016-09-01 (木) 01:57:36
  • 契約の珠の上がり方が1ではなさそうだったので検証・加筆・修正 -- 2016-09-01 (木) 23:47:40
  • 戦闘のページなら仲間にする方法とか書いた方が良いのでは?他の場所に書いてあるならすまぬ -- 2016-09-02 (金) 08:18:53
  • クッキング2行目の夜魔毎ってなんぞ? -- 2016-09-04 (日) 15:23:14
  • 獲得経験値の項目ですが、1.10時点では、経験値は控えにも100%入っているような気がするのですが… -- 2016-09-05 (月) 22:43:38
  • 精の献上を行うと、パーティにいる仲間の好感度が2あがるみたいです -- 2016-09-19 (月) 01:13:04
    • こちらが試した結果、精を献上したのとは別に2体サブで連れていた夢魔の好感度が+1ずつされるのを確認。 -- 2016-09-19 (月) 15:03:18
      • すみませんこちらの装備はパーティ全員にガラスの指輪と信頼のルーンで、献上したのとは別の仲間に好感度+2と珠+20(?)された感じです。どっちかの装備が作用してるんですかね -- 2016-09-20 (火) 09:51:57
      • OK理由が分かった。精を献上した際、他の夢魔にも好感度+1、珠+10。ガラスの指輪を装備した仲間はさらに好感度+1、珠+5。信頼のルーン装備でさらに珠+5。精を献上した夢魔の装備には無関係。 -- 2016-09-20 (火) 16:26:31
      • ↑書き忘れた、「他の夢魔」ってのは「パーティーに同行させて、かつ精を献上してない夢魔」の事。念のため。ちなみにver1.12 -- 2016-09-20 (火) 16:27:40
  • 状態変化ってスタンは? -- 2016-09-26 (月) 09:43:22
  • 豆知識の2回目って何のことでしょう? -- 2016-10-25 (火) 23:58:55
    • たぶん敵のランダム二回行動の二回目だろう。 -- 2016-10-26 (水) 03:28:09
  • 戦闘に関連が薄い項目をキャラクターのページに移行 -- 2016-11-15 (火) 17:31:18
  • 吸精って探索には便利だけど、育成の際はトドメ刺すのに珠増やしにくくなっちゃうからこまった…_(:3」 ∠)_ トドメを調整すればいいだけなんだけど、吸精OFFとかにできればなあ… -- 2016-12-14 (水) 22:24:05
お名前:





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-29 (火) 01:08:50